インドネシア語技能検定試験 ホーム | メルマガ登録 | よくあるご質問  |  サイトマップ 
インドネシア語検定とは検定のメリット受検案内受検のお申し込み受検者へ
主なメリット単位認定大学インドネシア語を履修できる大学・高校インドネシア語スクール
ホーム検定のメリットインドネシア語を履修できる大学・高校>摂南大学 山口真佐夫先生
インドネシア語履修できる大学・高校の先生からのお言葉

山口真佐夫先生 摂南大学

外国語学部 教授

山口真佐夫先生
(BAPAK YAMAGUCHI MASAO)

検定取得を目指して専門的なインドネシア・マレー語を養成

 摂南大学(大阪府寝屋川市)の外国語学部では、インドネシア・マレー語専攻の主言語科目(専攻語)および共通言語科目(第二外国語)としてインドネシア語が教えられています。2008年4月にスタートしたインドネシア・マレー語専攻の特徴は、4年間でインドネシア語とマレー語の両言語を習得することです。専門としてインドネシア語とマレー語の両言語を学ぶことができる日本で唯一のコースです。

 インドネシア・マレー語専攻では、1年次でインドネシア語の基本的な文法を理解し、会話力を養い、基本的な作文も習得します。2年次では、さらにインドネシア語能力を養いつつ、1年次で学んだインドネシア語の知識を基に、マレー語の基礎を学び始めます。3、4年次では学生の希望に合わせ、さらに高度な実践的、専門的なインドネシア語、マレー語を学べるようにカリキュラムを作っています。なお、1年次、2年次のインドネシア語科目の一部には、専任教員が編纂した独自の教科書が用いられています。

 語学科目だけではなく、インドネシア、マレーシア、他の東南アジア地域について、豊富な講義科目が用意されています。海外実習、留学制度を利用して実践的にインドネシア語、マレー語を学び、現地で直接文化を学ぶこともできます。また、日本在住のインドネシア人との交流会も行われています。

 共通言語としては、(2010年度より)1年次、2年次に(前・後期を通して)週2回インドネシア語の科目が用意されています。また、第二外国語として学ぶ学生に対しても、ネイティブ・スピーカーの授業がとれるように配慮しています。

 多様な語学科目の中には、インドネシア語技能検定試験(以下、検定試験)のための「初級検定インドネシア語」、(1年次)、「中級検定インドネシア語」(2年次)、「上級検定インドネシア語」(3年次、2010年度から開講)があります。他の語学科目と「検定インドネシア語」を学ぶことにより、検定試験合格を目指しています。これらの恵まれた教育環境により、検定試験でも予想以上の好成績を収めています。なお、検定試験を受検するにあたっては、インドネシア・マレー語専攻の学生および共通言語を学んでいる学生に対して、大学からの援助があります。

 摂南大学外国語学部インドネシア・マレー語専攻では、体系的で実践的なカリキュラム、講義科目の充実、海外実習・留学、交流会、さらに資格取得対策、少人数教育等を通して4年間で最大の成果が得られるようにしています。



摂南大学  単位認定  AO入試優遇  インドネシア・マレー語専攻


戻る← 摂南大学 山口真佐夫先生からのお言葉 →次へ 

受検の流れ


願書・過去問取扱店
合格証明書・推薦状
よくあるご質問


インドネシア語技能検定問題に挑戦!
特A級A級
B級C級
D級E級

インドネシア語検定公式過去問題集

検定協会ニュース

インドネシア語書籍通信販売
TOPページ
 個人情報保護方針 |  特定商取引法に基づく表示
  

提携:
インドネシア共和国教育文化省言語育成振興局
Badan Pengembangan dan Pembinaan Bahasa, Kementerian Pendidikan dan Kebudayaan, Republik Indonesia (Badan Bahasa)
国際インドネシア語教育学会
Afiliasi Pengajar dan Pegiat Bahasa Indonesia bagi Penutur Asing (APPBIPA)

Copyright © 2010 HIPUBI. All rights reserved.